スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったねっ、松山東高校選抜高校野球大会出場

もう2月、
誕生月なんで、好いことあるかもっ!(笑)


先日、今年の春選抜高校野球全国大会の出場校が決定しました。
愛媛県からは、四国大会準優勝した今治西高校と
21世紀枠から、松山東高校の2校が選抜されました
松山東高校は旧制の松山中学で
正岡子規が野球を教えたという伝統ある高校
しかも県内の県立高校では一番学力のある高校です。
私立高校のような、専用グランドがあるわけじゃなく
野球での推薦入学があるはずもなく
学力との両立で、野球練習時間も限られていると思います

そんな高校が、なんと82年ぶりという自分の知らない時代からの2回目の快挙
初出場みたいなものですね!

全国レベルの厚くて高い壁に、挑戦していく姿を応援したいと思っています
頑張れ~、松山東高校!


そんな高校野球の話題で沸いている街、松山
野球王国愛媛と言われている中の中心・松山ですが、今は影が薄くなっています。

1996年の夏の全国大会、松山商業高校は
あの奇跡のバックホームと言われた熊本工業高校との決勝戦!
今見ても、感動を生みます

延長戦でのサヨナラのピンチ
好投していた投手を3年生に変えて、満塁策
1点取られたら終わりの、1死満塁
さらに、ライトの守備位置についていた投手に変えて、強肩正右翼手の選手を送り出します。
この監督の策も選手を把握した見事な采配
不思議なんですが、
意外と変わった選手のところに打球が飛ぶんです
この時もキッチリ1球目をライトへ、かなり大きなフライ!
この瞬間、サヨナラだと思った人はかなりの確率でいたと思われます。
三塁のランナーも大丈夫だと思って、走塁違反にならないよう安全に一瞬送らせてタッチアップしたでしょう!?
し、普通にスライディングでいきますよね!
そこへ、やや三塁よりにそれてスライディングする位置へのノーカット送球
ここじゃないとアウトにならないという奇跡のバックホーム
で、タッチアウト
歓声は熊本工業から、松山商業へと移り
完全に流れを掴んだ松山商業が優勝しました

その松山商業とは、学校再編時に合併して
その後再び、松山東から独立した学校ですから、兄弟みたいなものです!

また新しい歴史を創ることが出来たらいいですね♪



自分にとっての建築ルーツ、
初めて担当して任された建物、伊方町の鉄骨造倉庫




水野第一作品




倉庫といえども
納まり方や仕上げ寸法があって構造や下地の作り方がある!
そう、教えられた最初の物件
若さや無鉄砲さや楽天的な甘さがあったあの頃が、妙に懐かしい

そんな想いの残る建物が残っていることが、嬉しいですね
自分の歴史が残るということが







若い頃を思い出して、復活!

11月、今年もあと2ヶ月となりました!
あっ、という間の一年
廻りの先人達が亡くなっていき
我が子たちを含め、小さかったあの子供達や
後輩たちが大きく見違えるように育ってます

自分は、体力・知力の衰えを味わい
世代は変わったんだと、実感しながら
『まだまだやれる』、・・・かも!?
と勝手な判断で、若者たちに交じっていってます(笑)


若い頃のような、挑戦心や大きな志は捨ててはいけないと思ってます
まだ!


昭和59年に新入社員として建設会社に入社したあの頃、
現場監督とは何か!?
もわからず、ただ先輩に就いていった
あの頃の建設現場状況は、今の状況と似ていて
現場数の割に監督員・作業者が少ない。
そんな厳しい現場では、一人あたりの仕事量が多く
予定を違わず前へ向いて進むには、過酷な労働を強いられ、
協力業者も忙しくて対応が遅れ、
思うように進まない!


現場に没頭しないと出来ない。
家庭はある程度放置状態となってしまいます


突然、舞い込んできたこの現場監督仕事




JAひがしうわ仔牛育成着工前1





今の自分の立場と、
どれだけの仕事量があるのかと、
今は昔のやり方では通用しないだろうと、
解ったうえでも・・・、
血が騒ぎます
一日24時間のうち、16時間は動ける。
何とかなるさ~

今の自分があるのは若い頃のあの経験があるから!
とても感謝しています
野望を持ったうえで
どれだけの事が出来るかわかりませんが、
微力ながら、恩返し
一緒に仕事する若い燕も、違う角度から育ててやりたい
と思ってます(^^)v



愛媛の最西端・佐田岬半島

暑い日が続いています
夏が来たかと思わせますが・・・、
九州地方は梅雨に入ったとの報道!
まだ梅雨は過ぎてないんですね~

夏は好きです!
キラキラと輝いて水平線が見える蒼い海には心洗われます



まだ就職して間もない頃、
佐田岬半島の灯台手前の海岸沿いにバンガローの新築工事を担当しました




佐田岬バンガロー



海が隣で泳ぐこともできますし、天気がよければ九州が見えます!
キャンプには最適
なのですが・・・、
最近はオープンしてないようでした


車では行けない場所、
最終の駐車場より歩いて20分くらいかなぁ~
荷物を運ぶには不便
一人では寂しいし・・・
人が集まらなくなったのは残念です!


という工事現場は、大変でした
必要材料は船で運搬
起重機船を使用するには大きな費用が必要ですので、
1回分だけの予算しか組めません!
忘れ物や、小道具は人が歩ける程度の山道を歩いて運搬
コンクリートは当然、現場手練!
昭和時代ならではの若さが必要な現場でした(笑)


その佐田岬半島の最終港、三崎!
新婚当初、ここにJA三崎の新築も担当しました
工期の少ない現場で、毎夜遅くまで残業したな~




JA三崎





今も付き合いのある鉄工業者が
三崎メロディーラインを競走して走って帰ったよなぁ
と、語ります(微笑)
一緒に苦労 (苦ではなかったですが・) した思い出は懐かしいです。

また佐田岬には、行きたいです!
海が好きな自分にとって夏には最高の場所です
好い思い出とともに(^^)v




プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。