新築落成と社会貢献

広島カープが好調です。
オープン戦では、からっきし、だったのですが・・・
打線に、田中・菊池・鈴木誠也が入ると繋がります♪
エルドレットが開幕に合わせたように打ちまくり、
好い打線になってます
投手陣も、開幕投手ジョンソンが体調不良で二軍調整となり不安を抱えたところで
ドラ1の加藤投手が、あわやノーヒットの快投
野村、岡田、九里、大瀬良の抜群投手陣に1枚加わりました!
同じく開幕に合わせたように好調の
首位ジャイアンツと早く戦いたいですね~、不調の波が来る前に(微笑)
三連勝で逆転と



Y邸、落成となりました
明日は、落成式に参加してきます!
最近、ちょっと、イライラが続いてるので・・・、
冷静に、穏やかに、お祝いしたいです!



玄関




山中邸玄関





楓の玄関框と敷台
床は御影石土間に杉フローリングのホール
腰壁には、魚梁瀬産の杉板張り
天井には西予市産の杉天井として格子組としています。
自然そのまま・・・です



落成式会場となる()和室






山中邸床の間





ケヤキでまとめた、床柱と落とし掛けと床框・床板
仏壇も現場製作
施主様の要望を聞き、使い勝手の好いようにと。
書院(?!)の趣きも統一して!


地元産の杉や桧を使うことで
そこに携わる林業の仕事が増え、植林することで山が生きる
成熟した木を伐採することで花粉の量が減る
無垢の木で耐久性も強度も問題ないのに
集成材にして二酸化炭素を発生させることはない

何が正しいのかも
矛盾や不正義の感じ方も
個人の考え方や大きな時の流れから、方向性が変わってきます!
時代は巡り
また、いつか
自然と共に生きる
そんな日が来るのかもしれない

床の間

平成29年スタート
何から手をつけようか、ぐらいの仕事量がありますが・・・、
月日の経つのは早く、気合いの張り方も鈍い
今日という日は二度とない!
ですよねっ(汗)
寒波到来
温かい冬から、いきなり寒くなりました!
毎年、大学入試センター試験頃って寒くなるよなぁ~
我が家の末っ娘、がんばれぇ~



Y邸新築
外部廻りの工事が終わり
内部工事を進めています!
純和風の家で、和室二間を襖で仕切した床の間があります。
現代の家では、核家族化、近所付き合いも薄れてきた世代を反映して
床の間付き和室を計画することは少なくなりました。
自分の小さい頃は、
祭り事、祝い事、葬祭事等を自宅で行ってましたが
そんな光景は、ほとんど見なくなって
『専用の式場を借りる』
ようになり、必要性が薄れてきました

それでも、
我が家にも床の間があり、
正月には、毎年、参拝から始まることにしています。
『一年の計は元旦にあり』



山中邸床の間




ケヤキの前板・上段框床板に
ケヤキの無垢床角柱
ケヤキの無垢落とし掛

ケヤキで揃えました!




山中邸床柱




ケヤキの杢目がとても美しい
心洗われる樹
杢目を楽しませてくれる木です


生活する便利さが重点で、
切り詰めた予算のなか省かれる部分になりがちですが
日本ならでは、の文化と風習
日本の心の部分も創れると好いですね

優しさとぬくもりを

12月、もう半分近く過ぎてしまいました。
忘年会も着々と熟して
あと3回で終わりかな!?
飲み過ぎないように・・・、と思うのですが
知らず知らずのうちに、雰囲気に合わせて飲んでしまいます
すごく、体調悪いです


冬らしく寒くなってきました!
水回りが腐食してきて改修を考え始めた
我が家の床は、合板のフローリング
朝起きて、裸足で歩くにはとても冷たく感じています
これが・・・、
無垢の杉フローリングなら
ビックリするくらい肌に馴染んで温かい
無垢の木材は細かい穴をたくさん持った素材です!
そのため、湿度が高い時は空気中の水分を吸込み、穴のなかに吸収します。
また室内が乾いてくると、穴から水分を吐き出します
この調湿作用が人の皮膚と同じように呼吸します。
日射の強い時は、これが断熱効果となり涼しくも感じます!
そんな素材のなかでも
杉の中空細胞は大きいので、最適なぬくもりです
最適な木です!



S邸改修 縁側、杉フローリング


酒井邸和室縁側




木組みの家
木の素材感は優しさとぬくもりを与えてくれます!



つい最近
今春、受験生の末娘に
『お父さんは自分が好きか?!』
と問いかけられました。
自分の悪いところが先に浮かんでくるから、
『好きにはなれないなぁ~、後悔することばっかり!』
と即座に答えていました(微笑)

でも、
自分の生きてきた道は、とっても幸運だったと
自信を持って言えます
自分の廻りには素敵な人に囲まれ続けて
支えられて、
過ちを忘れさせてもらいました

どこかで、誰かに返さないといけない、と思います


そんな末娘が
『反省はせんといけんけど、後悔はしたらいけん、前を向いて行かんと』
と言った。

大きくなったなぁ~

古きを宝に新しい時を刻む

惜しまれて、引退する選手が美しい
広島カープでは広瀬選手が引退します。
強肩・強打で、15打席連続ヒットの記録を持っている選手♪
故障から立ち直れず、
優勝に貢献できませんでした!
同じポジションに鈴木誠也選手が成長してきたので
後輩に後を託すことになります!!!
お疲れさまでした、そしてありがとう

横浜ベイスターズでは、三浦大輔投手!
カープの優勝と同じ 『25年』の時を超えて引退
生涯横浜の選手なので、ファンの見送る姿には感動があります。

そして
引退試合として演出する監督も惚れ惚れしました
引退試合に先発
多分、球数制限による投手交代になるだろうろう!?、と思われる6回
普通ならちょうど、三浦投手の打順が回ってきたので代打が送られると思いますが
ラミレス監督は、三浦投手の傍に寄ってきて声をかける
『次の7回の最初の打者と対戦した後に交代する』、と
投手の引退の花道はマウンドから降りるときにある
そんな投手心理を読んで、心揺さぶる言葉!
そのまま感涙で打席に入り、
7回のマウンドに上がった三浦投手は感激でいっぱいだったろうと思います。

そんな関係だからこその、初クライマックスシリーズ進出!
広島カープの対戦相手として浮上してきたら怖いものがありそうです!

お疲れさまでした



長年住んできた家を
水廻りが腐食してきたため、DK・浴室の改造工事、K邸
主な構造体を残して
継ぎ足し増築している部分を含めて、姿を変えました


着工前



河野稔着工前外観



完成



河野稔完成外観




内部は、
土間だったDKを、杉フローリングとして、
リビングから行き来しやすいように、床を上げ
旧小屋組みは露出として天井を上げています!



河野稔完成DK



床・壁タイル張りだった旧浴室も
洗濯機を移動させた脱衣場を新設し、システムバスとしました!

今まで住んできた家に愛着があり
原形を残しながらも、
住みやすく快適な生活が送れるようにと、
息子・娘さん達が後押ししてくれたそうです

永い間、ありがとうございました!、と (^^)v

台風雨のち、台風

9月、
雨の多い時季となりました。
今年の夏は雨の少ない夏となった反動なのか
雨の降る日が多いです!

台風の影響で、建前を延期したY邸
その台風影響雨が通り過ぎるのを待って
棟上げを行いました

大黒柱のある和風の家




山中邸家建て





入母屋造りで隅木には反り元を使用して反らしてます
外部桁は、追掛け大栓継ぎという金物を使用しない継手
軒天井は、化粧タルキに化粧無垢板
破風板も無垢化粧板
とする、純和風の家、です!

建物の屋根仕舞いが終わった時点で
軒から上部の工事は仕上げ、となる為
洋風の軒から上部を覆い隠す建物より
屋根仕舞いが完了するまで時間がかかります

雨予報も含めて、雨の日が続いてしまうと
養生して雨が入らないようにしているシートを外す訳にはいきません
つまり、作業ができない、ということです。

そんな日が続いている間に
次の台風上陸予報
台風が直撃すると、養生シートは吹き飛ばされるんじゃないか?
と不安を抱えての作業!!
あと一日、晴れの日があれば完了という時に
今回の16号台風がきてしまいました

そんな避けられない自然状況のなかにも
神は、我を見放さず~
『神ってる』、です


台風の進路は最悪の直撃を免れ、高知沖を通過、
最接近時間は朝であった為午前中で、風雨が納まりました!

吹き飛ばされたシートでしたが
午後からシートを片付して、作業に入ることが出来て
無事完成
雨の心配が無くなりました!


いつの間にか
彼岸花が咲いています

先日、義理祖母の三回忌で
祖母の育てたお気に入りの樹からとってきて、ハナシバを供えました!

そして昨日、親父の墓にもハナシバを供えました
それまでに供えてあった樹は、・・・枯れてしまっていました

心に、余裕が必要です。

見守っていてください!
プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる