震災復興と耐震改修

菜の花が咲き始めました。
春が来た、という感じになってきました。
どこにでも咲く普通の花ですが、とても温かい気持ちになる不思議な華です
このまま暖かくなってほしいです


春先の3月11日、東北大震災が起こって
もう、5年が過ぎました!
四国では地震は何も感じることなく、テレビ等の報道で
津波の状況を見て驚きを感じましたが
津波を経験したこともなく、また大地震も経験したことのない自分にとって
わが身に置き換えて想像することは出来ませんでした
しかも、
5年という月日が経ち、
大震災の大きな被害があったことさえ遠い昔のような気になっている状況です。
我が家も、とても地震に耐えうる建物でない事はわかっているのですが・・・(汗)

先日の報道で
被害に遭った地域では、未だに思うように復興が進まず
生まれ育った地域に帰れない状況が続いているようです
時間とともに風化されてはいけない

大きな被害を目の当たりにして
帰りたくないという気持ちになる人もいると思いますが
生まれ育った土地を復興させたいと思う人の方が大多数だと思います!
ただ、
政府・国主導で物事が進められ
地元の人の意見を尊重されないのは、どうか?!、と思います。
ただ、大きな災害にならないためだけのコンクリートの壁では・・・
素晴らしい海、自然と共有して生きる!
これから住む人達が
自分の過ごす地域を自慢できるような形にしないといけないと思います!



庁舎の耐震補強
災害時の拠点となる庁舎は災害に耐えうる施設であるべきです!

来庁者も職員からも見える中庭部の耐震補強ブレース




支所中庭耐震ブレス



市民にも開放される会議室




支所2階会議室耐震ブレス




変更を余儀なくされるということには、
復旧・改修計画や予算・契約等の問題がとても大きな壁になりますが
一番大事なのは
そこで住む人・生活をする人が
使いやすい・住みやすいものにしていく事
心温まる地域にしていく事です!
与えられたものをそのまま実行するだけでなく、
大きな労力や犠牲を
顧みない勇気が、必要です


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる