やったねっ、松山東高校選抜高校野球大会出場

もう2月、
誕生月なんで、好いことあるかもっ!(笑)


先日、今年の春選抜高校野球全国大会の出場校が決定しました。
愛媛県からは、四国大会準優勝した今治西高校と
21世紀枠から、松山東高校の2校が選抜されました
松山東高校は旧制の松山中学で
正岡子規が野球を教えたという伝統ある高校
しかも県内の県立高校では一番学力のある高校です。
私立高校のような、専用グランドがあるわけじゃなく
野球での推薦入学があるはずもなく
学力との両立で、野球練習時間も限られていると思います

そんな高校が、なんと82年ぶりという自分の知らない時代からの2回目の快挙
初出場みたいなものですね!

全国レベルの厚くて高い壁に、挑戦していく姿を応援したいと思っています
頑張れ~、松山東高校!


そんな高校野球の話題で沸いている街、松山
野球王国愛媛と言われている中の中心・松山ですが、今は影が薄くなっています。

1996年の夏の全国大会、松山商業高校は
あの奇跡のバックホームと言われた熊本工業高校との決勝戦!
今見ても、感動を生みます

延長戦でのサヨナラのピンチ
好投していた投手を3年生に変えて、満塁策
1点取られたら終わりの、1死満塁
さらに、ライトの守備位置についていた投手に変えて、強肩正右翼手の選手を送り出します。
この監督の策も選手を把握した見事な采配
不思議なんですが、
意外と変わった選手のところに打球が飛ぶんです
この時もキッチリ1球目をライトへ、かなり大きなフライ!
この瞬間、サヨナラだと思った人はかなりの確率でいたと思われます。
三塁のランナーも大丈夫だと思って、走塁違反にならないよう安全に一瞬送らせてタッチアップしたでしょう!?
し、普通にスライディングでいきますよね!
そこへ、やや三塁よりにそれてスライディングする位置へのノーカット送球
ここじゃないとアウトにならないという奇跡のバックホーム
で、タッチアウト
歓声は熊本工業から、松山商業へと移り
完全に流れを掴んだ松山商業が優勝しました

その松山商業とは、学校再編時に合併して
その後再び、松山東から独立した学校ですから、兄弟みたいなものです!

また新しい歴史を創ることが出来たらいいですね♪



自分にとっての建築ルーツ、
初めて担当して任された建物、伊方町の鉄骨造倉庫




水野第一作品




倉庫といえども
納まり方や仕上げ寸法があって構造や下地の作り方がある!
そう、教えられた最初の物件
若さや無鉄砲さや楽天的な甘さがあったあの頃が、妙に懐かしい

そんな想いの残る建物が残っていることが、嬉しいですね
自分の歴史が残るということが







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる