どんど焼きや茅葺き茶堂の継承

どんど焼き!

毎年、地区の青年婦人部で新年第二週に開催している
無病息災を願う祭りです。



2014どんど焼き



竹で本体軸組して
新ワラで外壁を創ります。
この中に、新年の飾り物を入れて
神様が宿る、榊を建てて
神主さんに拝んでもらい、
火をつけて送ります



城川町では、川津南や魚成今田地区のどんど焼きが
とても雄大で歴史があります

我が地区では
小さくとも、地区の祈りは地区で行おう、と
当時は若かったメンバーで始めました(^^)v
(ホントは・・・、漏れなくついてくる新年会をやりたくて始めたのかもしれません・笑)
できれば、
この行事も次世代に繋げていけたらいいと思います。

自分が生きていく、で精一杯なのですが・・・


今、
自分が年を重ねて、人生の終点が見えてくる頃になると
先代が残してくれたものを大事に
次に繋いでいきたい、
と思うようになってきました。
若い頃は、廻りが何も見えず
考えもしないことでしたが(汗)




秋の三滝茶堂





茅葺き屋根の茶堂

こんな技術も継承していけたらいいのですが

スポンサーサイト

comment

Secret

http://m.blogs.yahoo.co.jp/ono1452

先日は夜遅くに失礼しました。
ブログ拝見させていただいております。

一日、城川周辺を走っておりますと至る所に茶堂がありましたがその中に瓶?鉢?を逆さにして屋根のてっぺんに置いてあるところがありました。

あれは一体なんだろうかと不思議に感じました。

地域の様々な行事が先人から代々伝わって後世へ残していく事は大変難しい事かと思いますが城川には沢山の地域行事があるようで都会では希薄になりつつある隣近所との繋がりを感じ、ブログを読んでいると
暖かくなりました。

ありがとうございます!

  松波  さん
また、いろいろとよろしくお願いします。
微笑♪
普通の人は見逃すようなところですが
興味あるようですね(^^)

茶堂は正方形平面が多いので
屋根は角錐になってしまいます。
その部分に、雨が入らないようにする事が茅では難しいので、
先代の人達は鉢を被せることにしたのだと思います!

現代では鉢はなかなか貴重なものになり
鋼板で細工したものを被せるようになりました!


田舎では、過疎化が進んでいったことや
機械化したことの影響でしょうか?!、
都会的なように人を頼らずに生きていけると錯覚してしまったりしていくことで

伝統行事を継続していくのが難しくなってきました(汗)
が、出来るだけ繋いでいけたらいいと思ってます。

田舎の持つ‘ほのぼのさ’は無くならないように♪

おめでとうございます

ブログ新規開設おめでとうございます!!
とっても素敵な画面ですね~見るだけで癒されますぅ~♪
写真もきれい~☆
どんど焼きは、高知県にも残ってる風習だそうですが、
私は写真でしか見たことがありません。
昔ながらの風習をほとんど知らない今どきの大人の一員です。
残念です( 一一)
茅葺屋根の茶堂などは、確かにぜひ残さないといけない技術ではと思うのですが、
もうすたれかけてるのかも??
そう思うと怖いですね~((+_+))
どうか水野さん、頑張ってくださいね~☆

リサ・ママさん

ありがとうございます!
そう言ってもらえると嬉しいです☆
どんど焼きは、愛媛でも南予地方に多く観られます。
現在では、大きな炎になるので、都市では許可にならないでしょうね~

新世代は、何でも機械化・コンピューター化してしまって
人の手で創るものが少なくなってきました(汗)
温かさが感じられないように・・・

早く・安く・見栄えがよく、より
ぶさいくでも可愛らしい温かさが心地よい、と
気がつくのが遅いですよね~(微笑)

リサ・ママさん達の素敵なグループには
感銘をもらいました!
また、ちょこちょこ訪問しますので、よろしくお願いしまっす♪

プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる