FC2ブログ

情緒ある雰囲気はそのままに

春になって
気候と共に穏やかな雰囲気になってきました!
ここで手を緩めてはいけないのですが・・・
ついつい、  ♪

多数の会に所属していると
それぞれに総会・役員改選・行事があり目まぐるしく時が経ちます(微笑)
昨日は、消防団の歓迎会があり出席してきました!
来賓として・・・、
ではなく、歓迎会の主役として、です(微笑)
城川方面隊の消防団では、少子高齢化により
元気な若者、地元で働いている人の絶対数が減少して
消防団員の定数が揃わない状況が続いていました

昼中における災害に、即時対応のできる地元で働く消防団退団者に
機能別消防団員として指名し、災害時に出動できる体制を創ろう
という規約ができ、それに任命されました!
一部の訓練に参加して消防体制の一端を担うことになります。
消防積載車の出動には、一定の人数が揃わないと出動できません
地元で働いている者として
一刻でも早く、出動できる体制を創れる一人になれるよう、
協力するつもりです。


そんな地域で育てられたきた中でも
やはり、自分は恵まれた環境で生きてこれたと痛感します。
そんな環境に感謝し、返していくことは大事な事だと思います。


地域の伝統的建物の一つ、龍澤寺
1300年代に建てられた伝統ある建物です。
山門や禅堂も備え、樹齢500年にもなる杉柱と石畳の参道は魅力的



龍澤寺石畳




その龍澤寺の入口にある管理棟
屋根の茅が傷み、棟が崩れかけているため修繕案がでています。




龍沢寺管理棟既存屋根2018



現状復旧の茅屋根は理想的なのですが
茅の材料や茅葺き職人の減少衰退の諸事情を考えると・・・

現代的材料のガルバリウム鋼板、平形屋根用スレート等、耐久性に優れた材料が
手軽で施工も早いという利点も兼ね備えて
よく使用される現代となりました!


そんな状況を好く知ったうえでも、
情緒ある雰囲気を残せないものだろうか



水車小屋杉皮屋根



茅の持つ包み込むような温かさと吸湿の素材を残し
杉皮を重ねて屋根を葺く
あの、水車小屋のように・・・、






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる