熟練の技と自己啓発

秋が深まってきました
自分の通った(建物は改築されてますけど・・・)
保育園のイチョウが綺麗です
グランドはイチョウの『じゅうたん』ですねっ!




魚成保育所イチョウ




最近、『50代を素敵に生きる』
人達に感化・啓発されてるなか
今日、
旧町内オールドスター(?)競技大会が行われました。
例年は、敬老の日にちなんで9月に行われますが
今年は多くの行事が重なり、11月の開催となったようです
オールドと銘打ってますので
出場には、年齢制限があり、
女性は50歳以上、男性は55歳以上で出場資格ができます(微笑)
自分も、ついに出場資格を得て
レクバレー出場要請が(!?)ありましたので、喜んで参加してきました!
残念ながら、予選リーグで敗退しましたが、
最年少という自覚があるなかで、
多くの先輩方の素早い動きと熟練の技には驚きがあります
自分の10年後、
どうなっているだろう!?
あれだけ動ける身体でありたい、と思います。

『また、来年もよろしくお願いします』
と、言われながら・・・、
『来年は、ここに来れるかどうかわからないなぁ~』
との一言も・・・、
全然大丈夫でしょ


また、来年も使ってください(^^)v


建築士には、設計及び工事監理の業務独占権限が付与されています
近年は建築技術の高度化・複雑化や建築基準法の頻繁な改正が行われ、
それに対応できるよう、3年ごとに定期講習を受講することが義務付けされています!

前回の受講から3年を経過しましたので
定期講習(終了審査付)を受講しました!



建築士定期講習





時代のニーズに合った省エネルギーの対応する改正や
高齢者施設に対応する消防設備設置基準の改正
とか、あるなかで
やはり大震災に対応できる耐震基準関係の改正
は重要項目だと気になるところです

近未来に起こりうる、東南海大地震
東北大地震や熊本大地震が起こって甚大な被害がでてますが
未だに、自己に置き換えて考えている人は少ないように思います!

国・県・市が耐震に対する啓発をし、補助金を交付している今、
まずは我が家から
地震に対する対応や耐震について
考えてみてはどうでしょうか


スポンサーサイト

耐震改修

また、永くサボってしまいました
寸暇がないほど・・・、とは完全な言い訳で
ブログに向かう気力がなかったかな~
もう、いつの間にか、月が変わってしまいました。
随分と、涼しくなりました(^^)

都会では、景気が上向いてきた
と言ってますが、
地方の田舎では、そんな雰囲気は感じられません
過疎化、少子化のため
小学校の合併準備が着々と進んでいるようです。
人口が増えてこそ、活性化
魅力的な街にしていくことが
子供達が残ってくれる要素となります!
そんな町にしていくにはどうすれば良いか
・・・なかなか考えつかない状況なのですが
今は、
精一杯生きていく姿を子供達に見せてやることしかできないです


城川町の今後を担う中心基地、城川支所




城川支所外観




現在の耐震基準に適合していないため
耐震改修工事をすることになりました!



城川支所仮設間仕切り



仮設間仕切り壁を設置して
来庁者と工事部分の区別をし、
大地震に耐えうる強度が必要な場所に
アルミ窓開口があるところは、耐震ブレースを取付改修するようになります!

そのほかにも既存の開口のある弱い壁を撤去して
耐震壁となるコンクリートを打ち替えしたり
地震時の伝達を防ぐ、耐震スリットを設置する工事もあり
全体で地震に強い建物になります


町民の生活を支える拠点
いつまでも健全であって
今後の城川の発展を築いていってほしいと思います

西予ジオパーク探索と耐震工事講習

雨の多い8月になりました
例年は9月は雨の多い月となりますが、
今年は穏やかな気候であってほしいです!(9月21日は快晴でありますように

夏休み最後の週、
子供達の通学路の整備、
簡易水道組合のタンクの整備
と、地区を豊かに過ごす整備活動を行った合間に、
建築士会西予支部で、
昨年度に日本ジオパークに認定された、西予ジオパーク
を、『知って、広めて活用しよう』と、
三瓶湾ジオサイトを探索しました
まず、さざえが丘
チャートという固い岩石からなる山頂
急傾斜地形なのですぐ近くに海を観ることができる絶景です

そして、観音様が寝ている形をした、須崎海岸
この半島の先端に行くには、陸を歩く遊歩道もありますが、
遊覧船で海から眺めるのが絶景です




ジオ三瓶海より






遊覧船の向こうに観えるのが、
凝灰岩でできた縦じまの地層。
水平だった地層が地殻変動で、垂直になったそうです
この地域を含む西予ジオパークの、黒瀬川構造帯は、
かつては、
インド大陸やオーストラリア大陸がひとかたまりになった
ゴンドワナ大陸の一部だったと考えられてます。
それが、今、アジア大陸の東側に移動してきた、と

信じられない話、ですねぇ~
ビックリです。

この後、懇親会で地域活性化(笑)
会員交流を行いました!

そして、昨日は
木造住宅耐震改修の講習
西予ジオパークで観られるような地殻変動や大移動には
とても対応できることではありませんが、
100年周期で起こるであろう南海地震に
対応できるだけの整備はしておきたいですね


その講習の日、
前回の講習修了書の再発行をしてもらい
県庁まで取りに行きました!
同日、長男の採用試験も県庁で行われてました!




教員採用二次試験



偶然にも、同じ日に県庁に滞在・・・、
自分は不摂生による来庁でしたが
長男には、
幸運と縁があってほしいと願います

伝統的町並み保存と古民家再生

暑い
梅雨が明け、本格的な夏になりました!
太陽の光を浴びるだけで疲れますね。


そんな日差しの照り付けるなか、
大洲市・松井邸の調査協力に参加しました
松井邸は『国登録有形文化財』に登録されています。




松井邸外観






NHK連続ドラマ『おはなはん』を撮影した
大洲市景観計画区域内の
昔懐かしい伝統的景観保全・形成区域では、
伝統的町並みが残されておりますが
放置空家となり取り壊しを余儀なくされている現状です

この町並み保全と古民家再生に向けて
大洲市古民家再生推進協議会が結成され
愛媛県建築士会が調査協力することになりました!



普通の建物建築は
設計図面が作成され、その図面通りに建築されますが・・・、
現状の松井邸を詳細に調査して図面を作成していく♪
という、全く逆の任務となります(笑)
これにより、耐震診断や既存の文化的価値を損なわない改修計画が作成されていきます


大洲市建築士会が主体で
『県建築士会文化財・まちづくり委員会』が協力するという形となります。
自分の参加した日は、平面図はすでに作成されてました。
当日は床組み調査班、小屋組み調査班、立面調査班、内部展開調査班に分かれ
自分は床の間のある和室と隣接する和室を担当しました
(小屋裏担当班の人達は、かなり暑かっただろうなぁ~

3mを超える天井高さや
壁上部では和室ながら大壁構造としていたり
廊下板は無垢の巾1mの板を使用、にビックリ!
建具デザインには温かみを感じます♪
崖地に建つ建物で
地下があったり、有効な敷地利用をしているので
複雑な平面計画で屋根の架け方も工夫がみられます


そんな裏崖で、防空壕発見!?




松井邸裏冷蔵庫





崖をくり抜いて、冷蔵庫として使用していたようです!

各部屋も繋がっているようでそれぞれ独立して
肱川を見渡す景色、通風も良かったんだと思います

先代の知恵が詰まった建物
永久保存建物としておきたいです!

そして、できれば
自分の生きた証も残せるようでありたい
と思います

ユニフォームいろいろ

年度初めの総会シーズンもほぼ終わりになり、
今月末の県建築士会総会で終了です
その建築士会で、
知らぬ間に、いきなり
愛媛県建築士会文化財・まちづくり委員会委員の任命書が届きました
この委員会があることも知らない状態(汗)
委員会の名称から、
だいたいの想像はできますが・・・、
不安の方が大きいかな~
やれるだけ、やらんといけんかな~、と思ってます!


自主防災の総会で決定していた
防災士のユニフォームが届きました




防災士ユニフォーム





阪神・淡路大震災の大被害で
防災への対応が不十分であったことから
自主防災の重要性や防災士の育成が始められました。
三日間の日程で防災に関する講習・実施を受けて
簡単な試験に合格して防災士と認定されます!
各地域に一人は必要であろうということで
知らぬ間に、
いきなり指名されて、晴れて(?、汗)防災士となっています

防災の基本は
自助・・・自分の身は自分で守る
共助・・・近隣の人達で協力して助け合う

この共助の役目は被害の軽減にとても大きな力になると思います!

実際、このユニフォームを着ての活動は
自分には自信もなく、名ばかりのような気がします。
いずれ起こるであろう南海地震
風、雨、土砂災害
想定して考えておくことは重要ですが、
無い、ことが一番良いことですよね



ユニフォームでも、




堂林ユニフォーム




このユニフォームは着ても楽しいです (^^)v


プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる