高齢化対応と思い出創り

どろんこ祭り
御田植え祭りで、五穀豊穣を祈る祭りとなります。
毎年、7月の第一日曜日に開催されてます。




どろんこ祭り2017





牛の代掻きから畦豆植え、さんばい降しや早乙女の踊り等
壮大にユーモアを交えての
昔ながらの田植えを再現!
城川らしい(笑)祭り


それが・・・、
牛の減少
少子高齢化により
三島神社氏子での継続が難しい、ということで
今回を最後で、休止することになりました

まだ、城川町全体としての継続の道は残されてますが
いろんな諸条件等、難しいのではないかと思います(汗)!

今年は、7月2日(日曜日)開催となります。
見納め、となるかもしれない『どろんこ祭り』
是非、御来場ください



高齢者・介護対応の、N邸改修
完成して、引っ越しとなりました。

床は無垢杉フローリング・桧フローリングを使用して
バリアフリーとし、動きやすくなりました。

便所・浴室・脱衣室への出入り口は
3枚引き戸として、介護者も車椅子でも移動しやすくなりました。
施主様の要望を基に
廊下・洗面・便所・浴室にテスリも設置

洗面台も車椅子で使えるものとし
給水・給湯栓はすべて自動水栓で対応しています



中越邸便所





中越邸洗面台





長女さんの昔からの要望で
キッチン、ダイニング、応接室の個別の部屋を
リビング・ダイニング・キッチンの大空間として
子供達や孫達が大勢で集える場所となりました


残りの人生
家族で、好い思い出を創れるようになるといいですね


余談ですが
昨日から、我が家の義母の思い出創り(・笑)に
娘たち姉妹と三人家族で、叔母さんの見舞いを兼ねて兵庫~京都に行っています

好い時間を過ごせることが出来ますように


スポンサーサイト

年度末終了から進展へ向かって

やっと暖かくなってきました。
公務員は人事異動でバタバタしてるなか
我が家の末っ娘も東京に出て行こうとしています。
今週末には引っ越し
大都会で生活できるだろうか、とかいらぬ心配などしたり
巣立っていく娘が頼もしくもありますが、寂しくなります!



地域の自主防災部
今年の行事予定だった
防災マップ作成が、やっと配布できるようになりました。






自主防災マップ





各地区の避難施設となる集会所に、A1サイズの額付防災マップを配備!
各世帯に、緊急連絡先一覧と避難時持ち出し及び準備物一覧を付けた
防災マップを配布します!

近未来に必ず起こるであろう南海地震
忘れた頃にやってくるのが自然災害
まだまだ防災に対する意識は薄いのですが

少しづつでも地区住民に浸透していけばいいかと思います!


年度末公共工事も完成
城川の温泉保養施設、クアテルメ宝泉坊
宿泊施設、宝泉坊ロッジ
周辺の遊歩・探索道整備の一環として、遊歩橋の改修




宝泉坊橋完成





腐食してきた木造階段を、鉄骨階段とし、
鉄骨架橋の上に防虫・防腐注入材とした西予市産桧材での床板張替となりました
新年度の来客に心地よい、おもてなし、を(^^)v


プロ野球開幕♪
WBCの大会より、比べ物にならない・・・、とても楽しみです!
やっぱり、たまに勝つ喜びより
優勝争いに絡むチームになる方がワクワクして観ることができます!
期待の、大瀬良と堂林、次第かなっ
秋には美味しい酒が飲めますように

春まつり

春の音連れを感じる菜の花のなかに
つくし、を見つけました
自分の小さい頃は、至る所に生えていましたが、
最近は、見かけることが少なくなりました。
まぁ、子供の頃は、そこらじゅうで駆け回って遊んでたので
すぐに見つけることができましたが、
大人になると気にかけなる・・・、と言うこともありますが(汗)

心に余裕を持ちたいですねっ


城川で、一番大きな寺となる龍沢寺
一昔前までは、
4月8日のお釈迦さまの誕生日の日が、
本当の花まつりの日で、
その日に盛大に行われてました!
小学校の入学式の後、始業式が終わって
そのまま駆け込んでたかなぁ~

出店がいっぱい出て華やかで、
檀家では、招待客で夜中まで賑やかでした


現在では4月の第一日曜日の開催となっています。
農林業の盛んだったころは、平日開催でも充分やっていけた時代でしたが
多業種の現代では、日曜日を利用しないと続けられない時代となってしまいました
夜中にふらふらしてる『おっちゃん』達(笑)
も見かけなくなりました



龍沢寺には、子供の頃から
花まつりを始め、遠足、写生大会、それに学校林がある為に草刈等など
多くの訪れる機会がありました
なので、『地元の由緒ある寺』としての想いは大きいですね(^^)



仁王門から山門前の参道




龍沢寺参道




杉の木が年々大きくなり続けてるので
自分の子供の頃よりかなり大きくなっているはずですが
小さい頃から、これぐらい立派であったという記憶
大らかさを失わない、変わらない光景は
心豊かになります





龍沢寺本堂渡り廊下



庫裡のある受付から本堂への屋外通路

当時からあった通路屋根が腐食して壊していたものを、復旧

訪れる人達に温かい、『おもてなし』を

体調管理と宝泉坊温泉遊歩橋

もう、2月になりました!
まだまだ、寒い日もあり
また突然、暖かくなったりで体調管理は大変です
施設に入っている母も
肺炎から心不全で、入院してしまいました
酸素吸入と点滴での治療


医者から、突然の悪化の場合、治療方針を決めておいてほしい、
との依頼があり、
妹と相談をして
心臓だけ動かしておくような状態は避けようとの結論!!
会話も、ままならない今の母の状況ですが
まだ、自分をジッと見つめてくれる間に
もっと話しかけてあげれたらいいのに
と、思いながら・・・、
とまどい、だけですね


誕生月の2月
この時期のスポーツの最も庶民的な、駅伝
我が地域でも、地域対抗の駅伝大会が、毎年2月最終日曜日に開催されています。
急に走ることは出来ないので
少しづつ、足慣らしで、歩きから軽いランニングを始めました。
ちょっと無理して走ると、肺に負担がかかって咳がでます
そういえば、昨年の健康診断で
レントゲンで肺に異常陰影がみられるので精密検査を受けるように言われてたっけ(汗)
普通に生活するのに不便はないので、軽くみてましたが、
病院に行ってみようかな!?と、今更ながら思ったところです!


城川の温泉が出る地域、宝泉坊温泉
今は、宝泉坊ロッジに並んで建つクアテルメ宝泉坊、
温泉を利用した健康保養施設としてリニューアルしています
その横を流れる黒瀬川に架かる遊歩橋!




宝泉坊橋全景




宝泉坊橋階段






林業の町・城川らしく架橋本体は鉄骨ですが
橋に登るまでの階段を木造とし、架橋は木で覆い木造橋と見せかけてます

その遊歩橋の木部が腐食してきたので
リニューアルしてます

完成形は後日(^^)v



素材を活かして、オリンピックと杉

秋らしくなってきました。
朝・夕が涼しく、心地よい日々です。

先日、仕事で表彰状をいただきました。
今、連日発表・表彰されているノーベルさん主催の偉大な功績には程遠いのですが(笑)
とても嬉しいことです!
ありがとうございました♪


城川町では、
毎年、10月の第二日曜日に
『城川オリンピック』と銘打って、旧村の4地区対抗で運動会が行われています!
今年は、50回大会となりました。
半世紀です
広島カープの久しぶりリーグ優勝の2倍の年月となります!
とても永い歴史があります。
今年は、当時の発起人となったM町長が聖火台に点火をされ、
大会後には、餅まき、も行われました。
現在は、田舎町ですので、過疎・高齢化が進み
準備・選手集め等、大会運営には苦労が多い状態です。

急げポンコツ、ポンつき玉入れ、ムカデ競争とか、
それ、どんな競技
みたいな競技が多いのも特徴です!
残念ながら、我が地区は最下位でしたが
来年こそは・・・、って思うんですよね~、
終わった今だけは(笑)


今年から地区対抗応援合戦も無くなることとなりました
毎年、応援団を結成して
大会の3週間前から、連夜練習する
という行事が無くなりました(微笑)
仕事との両立で、なかなか大変な時季となってました
期間限定でもあるので何とか参加・挑戦して、
作戦を練り、練習を重ね、慰労会として輪を創り、
また違う活力をもらえる、とても好い時間でした。
自分達が一生懸命やって楽しく、満足感を味わって
それで充分でしたが、
大きな意味では、地域活性化だと思ってました

少しづつ退化していき
地域に賑やかさが失われていくことは避けたいと思います!
まず自分が楽しく、それから廻りを含めて楽しくへ、
さらに、地域全体が明るくなるように、頑張りたいですねっ


Y邸玄関の腰板




山中邸魚梁瀬腰板





目が込み、大きな節が魅力的な杉
を加工しています!
さらに、カンナ仕上げでなく、
目起こし削り仕上げで木を活かす


素材が良いものに
その素材を魅せるよう、さらに手を加えて
よりよく表現する!
心豊かになる生活を支えていきたいと思います

根源は
まず、自分が精一杯であることです
プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる