球春到来

3月、弥生月
何となく、弥生という言葉にドキドキする温かさがあり
心地よい月です。

3月1日に落成式があり、参加してきました!
お祝いの席は、いつ行っても嬉しいものです。
城川には、奥伊予太鼓という演武太鼓があります!
あまり、マジマジと観たことはないのですが、
今回は、じっくり観させてもらいました。
女性陣の太鼓を叩く勇姿が素敵でした
『貴ちゃん』いわく、・・・『惚れるなよ~』・・・
そうですね(笑)

そんな祝いの席では、
やっぱり・・・、飲み過ぎ、となりますねっ


球春到来
広島東洋カープ、セ・リーグ連覇なるか
オープン戦も始り、楽しみな時季となりました!
一般的野球ファンは、WBCでの侍ジャパンを熱心に応援してますが・・・、
自分にとっては、
カープの選手達が無理してケガしないように、と願うばかりです(微笑)

ついに、
2017年公式戦入場券の発売♪
ところが・・・、
今年は異常なカープ人気
入場券発売初日は、広島市のみでの発売となりますので
県外の人達は、広島に行って購入するしかありません
インターネット及びコンビニ発売は二日目の10時からです!
二日目の正午には、既に全公式戦の指定席は完売でした
史上初の現象にビックリです!



何とか取れた、日曜日の自由席券




2017カープ観戦券




座席を確保できる保証はありません
それでも、楽しみは創ることができました。
ゴールデンウイークの家族旅行観戦
毎年、恒例行事になってます!
とっても楽しみです♪

出来れば、初参加予定の彼も一緒してくれれば、なお最高なのですが


厳しい席取り合戦になると予想するなか
ひとまず、
好かった(笑)


命かけた~ 勝負の舞台~
恐れずに進めっ
期待に応える 勝利の一撃
ここで決めろ~
どうばやしっ



スポンサーサイト

広島カープ優勝

最高で~す

今年のヒーロー・鈴木誠也選手の
インタビューでの連呼が、ピッタリです

四半世紀25年
前回の優勝は、
我が家の長女が生まれて1歳の年
広島ファン全員が認める、炎のストッパー・津田恒実投手の
最後の登板の年です!
もう、25年も経つんですね。
とても長い低迷期を脱しました♪

原爆が落とされた土地、広島に
復興の象徴として誕生した、市民球団・広島カープ
親会社がなく、市民が支える球団経営
球団存続の危機を救った、タル募金
そんな貧乏球団なので
エリート選手に出費できる金額は限られてしまい
新入団選手勧誘競争には負けてしまいます!
未来が有望な選手を集めて猛練習
それが広島カープを優勝に導く手段となり
伝統を創ることとなりました!
しかし、成長した選手達は
自分を高く評価してくれる
金持ち親会社が経営する球団に移籍する選手も出てきます

そんな世代のなか
『カープを相手にして投球する自分の姿は想像できない』
と言って、しかもファンが『行かないでほしい』と嘆願すると
大リーグ移籍を断念・延期する!
なら、カープファンは喜んで後押しするようになり、翌年移籍!
そして、大リーグで立派な成績をあげて
『選手生活の最後は、カープで終わりたい』
と言い、電撃復帰
まぁ、カープファンとしては必ず復帰してくれると信じてましたし
球団も、15番の背番号を空けていたくらいですから♪
そんな黒田博樹投手が多分現役最終年度だと予測される今年に
かける期待はとても大きく
若い選手達も例年以上の猛練習
多くの野球評論家は、前田健太投手の抜けた穴は大きい、と
優勝予測どころか、Bクラスの予測でしたが
広島パワーが勝りました




2016カープ優勝





ベテラン新井が魅せる努力の練習量
がチームの志気を上げ
同級生で組む、1番田中、2番菊池、3番丸
は固定されてそれぞれがカバーして機能しました。
特に菊池は、ここ一番の起死回生の打撃
華麗に取ってしまう守備力は、流れを変え、雰囲気も変えることができます!
自分にとっての優勝MVPは、菊池だと思います
神ってるの鈴木誠也は、信頼できる打者になってきました。
あとは、堂林
なんか小さくなってる感じがしますが、魅力はパンチ力なので
何かのヒントを得て成長してほしいと思ってます。


投手陣は大黒柱のジョンソン
ドラ1カルテットの中では、野村が安定感があり成長しました!
ここではやはり大瀬良
気迫溢れるピッチングはファンを魅了します。
何とか、やっと怪我から復帰してきましたが、短期決戦シリーズでは
フル回転してほしいと思います。
救世主の、ヘーゲンズと薮田
パンク状態の投手陣を救ってくれました

中継ぎの、カピバラトリオ
セットアッパーのジャクソン
抑えの中崎
らも、終盤にきて機能しはじめて好結果を残しました!


老朽化した広島市民球場から
再び市民のタル募金、広島経済界からの寄付を元に
マツダスタジアムが完成して9年
他のどの球団にも負けない立派な球場が出来ました。
ゆったりした椅子とグランドを眺めて一周できるコンコース配置
グループ観戦できるテーブル付の座席
ファンあっての市民目線経営
赤基調のグッズが、カープ女子を生み
『男気』によりさらに人気アップとなり
マツダスタジアムは常に満員となり始めました!

そして、
やっと、優勝できました

セントラルリーグ優勝で満足ですが
勝負の世界ですので、出来れば
チャンピオンシップを勝ち抜き
日本シリーズも制してほしいと願います!

元々、カープファンは熱烈な人達が多いのですが
にわかカープファンも含めて
球場マナーは守り
選手や球場運営者の人達の妨害にならないよう
選手の志気を高める応援をしていきたいですね

『期待に応える勝利の一撃、ここで決めろカープ』


カープVSソフトバンク、日本シリーズ前哨戦

いよいよ、梅雨に入りました。
外部の仕事は、天気を見ながら・・、になります(汗)
なかなか思うように捗らない時季です!


プロ野球交流戦
広島カープは、毎年鬼門の時季です
今年は、打線が好調ですので
パ・リーグの指名打者制度にも対応できそうで
期待してます

もう、一週間前の出来事になってしまいましたが
交流戦のソフトバンク戦を応援に行って来ました!

第一シリーズのロッテ戦は、1勝2敗、連敗は阻止!
第二シリーズは、今の日本では断トツに強いだろう、と言われてるソフトバンク戦
入場券が発売されると同時に購入しておいた日曜日の第三戦
梅雨空ではありますが、熱気で雨を吹き飛ばしました(笑)


第一戦は、ソフトバンクの強力打線でコテンパンにやられました!
何と、黒田投手が・・・、三連発を提供してしまいました
阪神の、バース~掛布~岡田、ってありましたね、槙原投手提供で
ベテランでも、流に巻き込まれてしまうんですね(汗)

第二戦は、雨空でも無理やり開催して(超満員でしたので、主催としては開催したかったんでしょうね・笑)
雨のためコールドゲーム、1-1 で引き分け!

そして第三戦
始めて、カープパフォーマンスという外野最上段応援席のチケットで入場!




カープパフォーマンスより





応援団が応援を仕切る中、一緒に大声出しましたよっ
最初の団長挨拶で
『昨日の引き分けで三連敗は免れました』と言ってた!
応援団でさえ、三連敗を危惧していたんだな~
『今日は、皆さんの応援を届けて勝ちにつなげましょう』と!!!

カープの先発は、中村恭平投手
毎年、期待されて一軍と二軍を行き来している左投手
今年は、福井投手の不調で入れ替わり、結果を残してる好い投手です。
1回にいきなり、主砲内川選手のタイムリーでソフトバンクが1点先取
ソフトバンクは武田投手でしたので
チャンスはそんなにないだろう、と思ってました。
そんな中で、一人だけ抜群の打撃を魅せてくれた、鈴木誠也選手
限りなくホームランに近い三塁打が2本、二塁打1本、を含む5打数5安打
近未来の4番候補!!
3年後のクリーンアップは、
3番丸、4番鈴木、5番堂林が理想です

試合は、菊池が起死回生の同点ホームラン
延長に入ってからはチャンスは作れど決定打が出ない
引き分け寸前の12回裏に
コウスケ・キク・マルのトリオでサヨナラ勝ち(^^)v
最終の船便になってしまい、
スクワット応援で、かなり疲れましたが
心地よい帰路となりました





マツダメインストリート





これで、今年のマツダスタジアムカープ応援は終わりです!
土・日の指定席入場券は売り切れで、取ることは不可能です!
クライマックスシリーズ・日本シリーズはまだ未発売ですので
これは狙ってます
今年最後に、
またマツダスタジアムで応援したいです

カープVSジャイアンツ第3戦

プロ野球開幕~(*^_^*)
マエケンが大リーグへ行って、解説者たちの前評判は低いけど、
今年こそ、という思いは強いです!
選手生活が最後の年となるであろう!?、黒田投手に
優勝を味あわせてあげたい、し自分も・・・
歓喜を与えてくれ~


今シーズン初観戦
読売戦!
天気予報では、午後から雨
降らないでくれ~、と祈りつつ一路、広島へ

松山観光港から呉までフェリー
呉から電車で広島駅まで
広島駅から徒歩でマツダスタジアムへ
一番安価で行くパターンです
少しでも安く、多くの回数行きたいがための手段です(笑)


マツダスタジアムは球場内で、グランドを見ながら
観客席を一周回ることができるコンコースという通路があります!
各自の席に、直接入れて周囲に売店が並んでいますのでとても便利
一人当たりの席も通常より広めに取ってあり
ファン観客者側に心地よい雰囲気を与えてくれる、とても好い球場です

試合開始前のノック
選手の動きがとても素早い
特に、若い選手は練習からアピールプレーをしてくれるので見応えがあります。
鈴木誠也選手、21歳
必ず広島カープを背負って立つ選手になると思います!
強肩レーザービームは群を抜いてて美しい~


試合は、
カープ・福井、ジャイアンツ・今村の先発で始り、
ジャイアンツが、主軸・ギャレットと坂本の2本のホームランで3点を先取
カープの反撃は、まず丸の2点タイムリー三塁打で2点とって1点差、
會澤のレフト線への同点タイムリー二塁打で同点



2016広島読売戦




スタジアムが盛り上がって、
延長戦へ

延長になった頃から、雨が断続的に降りだしてきて
延長12回に、立岡のタイムリーでついに勝ち越しされ
最後は沢村投手に完璧の押えられて敗戦
負けたショックと振り続く雨、重たい身体で帰路につきました

今年も・・・、相変わらずの負け方

ここ一番で強いジャイアンツは王者の雰囲気あります、悔しいけど!

ほとんど好きな選手がいないジャイアンツのなかで
ただ一人、長野選手は尊敬してます。

数年まえ、カープの今村投手が長野選手に与えた死球で
退場・緊急入院したにも係わらず、
今村投手を気遣う『神対応』発言の時から思いはありますが
今日の打席でも、三塁側の砂かぶり観客席に、もの凄いライナーを打込みましたが
球が当たってないか!?、確認して、観客者が無事に動き出すまで、ジッと確認してました。
走塁では、二塁に滑り込んだ際に、守備側の菊池選手と交錯
当然求められるスライディングですので、悪いことではありません、が
大丈夫が、と気遣う仕草は気持ちが読み取れてとても好感がもてます
不思議と長野選手だけには、ヒット打たれてもいい、なんて思ってしまいます(微笑)

それが・・・、
結局12回に長野選手のヒットが基点になり、決勝点を奪われてしまいました
甘い!!!
やはり、カープの勝ちが優先
次から、長野選手に打たれてもいいのは、大量点を奪った時だけとします


楽しい一日が終わりました。
大声出しての、チャンステーマや宮島さんの大合唱はストレス発散です!
また、次回の観戦を楽しみにして、
頑張ります

更なる進化を目指して

昨年末に、高校同級仲間たちとの忘年会を予定してたのに、
欠席してしまいました
年末までの仕事・強行工程を組んでましたので
予想はしてましたが、とても残念でした。
久しぶりに帰省した友人もいたのに・・・(泣)
今年は、必ず参加しようと誓いました(^^)v


新年も、はや10日も過ぎてしまいました。
今年は年頭初日から仕事する予定を立ててましたが・・・、
やはり、
正月気分が入ってしまいました
一月は行く、二月は逃げる、三月は去る
時の経つのが早い時季です!
一日、一日を大切に過ごしていきたいと思います


高校の恩師であるT先生は、
毎年、年賀状を戴きます!
印刷された年賀状に必ずコメントを付けて送っていただいてます
そんな心遣いを感じて、それを読むのがとても嬉しく楽しい!
T先生は、ずう~っとドラゴンズファンです。
自分はずう~っとカープファンであることを知っておられるので
そのカープコメントがとてもいい
高校時代にカープがオープン戦で松山にきた時に
一緒に連れていってもらって観戦したことが懐かしく想いだすことができます!
できれば、これからもずう~っと
カープ・ドラゴンズ談義をしていただきたいです

嫁さんいわく、『年賀状が届いてからそれに対するコメント付きで年賀状返信した方がいいんじゃない』
らしい(笑)
そんな高校時代の恩師です


今年は、マエケンが大リーグに行ってしまいました。




2015マエケン





入団会見で、『広島カープからきた前田』と表現してくれました
身体検査で問題が生じ、年棒はかなり低めの設定になったようですが
黒田のように、男気契約
やっぱり、カープで育った選手は一味違います。
その先輩・黒田があと1年、残ってくれました
ラストチャンスです!
今年こそ、の想いはとても強い、vvvvV
今、日本プロ野球で最も優勝から遠ざかっている広島東洋カープ
我が子供達はカープの強い姿は知りません
これからの若鯉たちが黄金期を創ってほしいと願います。
大瀬良、野村、福井、戸田、一岡、中崎、今村、そして新入団の岡田を加えた投手陣
丸、菊池、田中、會澤、野間、期待の堂林翔太と鈴木誠也、そして新入団未来の大砲・栗原後継者の青木
全員ブレイクしてほしいです(ありえんかな~)


我が家でも、
今年はみんな転換期になるんじゃないかと思ってます!

それぞれが、
更なる進化を目指して進んでいきたいです
プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる