FC2ブログ

引越の準備

今年度も、あと一週間!
年度末を迎えて慌ただしくなってきました。


長女の初孫騒動(笑)、も落ち着いてきたところ(^^♪
次女は今年、一級建築士に向かって、奮闘中
末娘は、今、引越真っ只中


今週末には、長男の引越

岡山から愛媛に帰ってきます
本来、愛媛での教員志望でしたが、
縁あって岡山へ!
これまでの岡山・津山での生活は、今後に必ず活きてくると思ってます!
初めての土地、初めての就職、初めての生徒・職員仲間
大きな学校で、学ぶ事は多かったろうと思います!

先日プロ野球選手を引退した、イチロー選手が言ってました。

『辛いこと、苦しいことは、少なからずあります。
それでも、若いエネルギーがあるうちに
立ち向かっていくことは大切なことです!』
と、

イチロー選手は、天才だと思われがちですが
ホントは、とてつもない努力家だと思います
だから、誰しもができないことを達成できる。

障害や壁に当たると、どうしても、心折れたり
負けてしまいそうになりがちですが
『強い想い』
が乗り越える力になる

.
まぁ、終活が見えてきた自分には重すぎることですけど(微笑)



年度末完成予定だった、K邸
引越間近となって・・・、
引き渡し延期をお願いしました。
快く了解してもらえたことに感謝




菊地ダイニング




ラストスパート




スポンサーサイト

石と木、自然と共に

送る、別れ
迎える、出会い
入れ替わりの春
心動かされる春です♪
末娘の就職が決まり、アパートも決定したようです!
東京に行きたいとの想いを持って
出ていきましたが、何とか生活できるのか
いろいろと心配しますが、本人はケロッとしてるんだろうなぁ~

そんな挑戦には、
期待を込めて、拍手で送りたいのですが・・・、
まだまだ大きな壁に当たると思います!
そこを乗り越え、前向きに進んでいってくれるよう祈念してます



クアテルメ宝泉坊温泉
吐出口を地元産の石を細工して設置





クアテルメ吐出口石





給湯口の穴をあけ、流れ出る溝を創り
石から湧き出るイメージの吐出口となります
浴槽の鉄平石乱張りに馴染んで
落ち着きのある温かい雰囲気で
自然と共有して活きる(^^♪


K邸新築も完成に近づきました!

リビングテーブルの製作




菊地テーブル天板 (2)



菊地テーブル天板 (1)



杉板テーブル
目起こしして木目を浮き上がらせて
脚にも目込みで美しい木を選定
普段見えないところにも・・・
魅せる(^^)v

やはり、自然と共に活きる

心豊かな子供たちが成長していきますように

癒しと心安らぐ場所

清水寺で恒例の今年の象徴漢字一文字は、
『災』
でした(汗)

大雪となった、1月・2月
7月には、西日本豪雨
気象状況に振り回された一年となりました!
そんな中でも、自分の身の回りでは
最小限の災害で乗り切ったんじゃないかと思ってます。
想定外というものの、
自分の身を守ることは、常に考えておくべきだと思います。
『喉元すぎれば熱さ忘れる』
と、なってしまうものですが・・・

自分の身体の衰えと、
涙もろくなってきたと感じるこのごろ
子供たちも、成長して
それぞれが、新しい道を見つけていくスタートの年になりました♪
逞しく生きていく姿は心躍ります

負けることに負けるな!



被災修繕の突発工事の中にも、
予定していたリフォーム工事も少しづつ完成していきます。


A邸の浴室改修


床・壁をタイル張りで仕上げた昔ながらの浴室

入口廻りの腐食や壁タイルの滑落等の
不具合が出始め、
施主さんは、木で囲まれた浴室にしたい、
との願望がありましたので
システムバスに改修が主流の時代に
手造り改修、となりました♪




明智邸浴室




水と木が共に活きる

床は、衝撃吸収に優れた発砲層を基材にした浴室床シート
温かく柔らかく、心地よい感触です

水掛かりの腰壁はパネル張りとし
上部壁を無垢杉丸太

天井にも無垢杉板を使い、勾配をつけた天井としました。


一日の疲れを癒す
人に馴染む、温かい浴室
ゆったり・心安らぐ場所は必要です

明日への活力を生み出しますように・・・


年納めに安らぎを

いよいよ最終月・12月を迎えました!

昨年は、年度末工期に追われ(汗)、
大雪が続き、段取りもままならず(微笑)
厳しい時期となりましたが、
多くの協力者に恵まれて、
何とか・・・、
新年、新年度を明るく迎えることができました♪

今年も、昨年と同じ雰囲気になりそうで・・・、

自分が年齢を重ねて
体力と脳力が落ちた分、辛いかなっ!

出会いが楽しみな初孫に対して、胸張れるおじいちゃん
を見せていかないと、
と思い直すところです
(*´v`)


一つづつ、年度内工事を終えていきます。



完成した、K邸改修

ダイニング・キッチンの改修
どこの家も同じですが、水回りが傷みやすいところで
改修が多い場所です。




勝手口ー河野邸





最初の修繕目的は床修繕からでしたが、
それなら、流し台も一緒に取替、
対面式キッチンにして、家事専用スペースを明確にし
旧流し台位置に、裏勝手口を取付しました

システムキッチン後ろ面の壁には、
食器棚・冷蔵庫スペースを確保しています!




キッチン棚ー河野邸





キッチンよりダイニングを広く取りたいため、
旧流し台場所に、余りスペースが出来ましたが、
その空間には、可動式棚を設置
有効利用できるようにと!

フローリングは、厚めの杉フローリング
当初は、ナラの堅い樹を希望しておられましたが、
杉の温かい・人に馴染む良さを説明して変更しました。
素足で歩くと、その感触にビックリされると思います

柔らかい樹ですので、傷がつきやすいのですが
それもまた、想い出として残れば好いと思ってます


マイホームのなかで、一番使用頻度の高い
リビング・ダイニング・キッチン
快適に過ごせる日々を贈れて
明日への活力を生み出しますように










無垢の杉を魅せる

寒くなってきました。
冬が近づいてきたと感じます!
例年よりは、暖かいとは思いますが・・・、


11月の吉日に、K様邸新築の棟上げを行いました!

我社の棟上げには、雨が降るようになっているみたいです(💦)
これまでの棟上げの日は、
晴の予報であっても、夕方には通り雨があったり、
雪になったり、するので不思議です!
自社作事場の家建てには、今回のような水害で大洲は浸水
水 、には縁があるようです


『降り込む』
即ち、幸運が舞い込むものと思ってますので
自分にとっての、落胆はありません!!!
施主さんが
木材を雨に濡らす、事を気にされないなら・・・、ですが



この日も予報は、午後から
 、でした!
しかも、この前後は晴の日が続く、という現象のなか

やはり昼前に、パラパラと降ってきましたので
昼食抜きで、そのまま棟を上げるまで決行することにしました。


足元注意に十分な注意を促して
吹き抜け化粧梁や柱の部屋には、
組立直ぐにブルーシートをかけて対応しました。
我社の職人は、雨養生に慣れている(微笑)ので、手際がいいです

何とか棟を上げて、神事を行うことができました




翌日は予報通り、快晴

菊地邸建て方



この晴の天気が続いて
次の雨が来る前に
屋根工事を終了



化粧梁を化粧柱に差し付けして魅せる
リビング




菊地邸化粧梁・柱



屋根なりの天井、
出来るだけ緩い勾配で天井高を抑えて
解放感を創りながら
体積は少なく
空調費をかけないように・・・

常にくつろぐ場所には、
無垢木の素材感で安らぎを与えることによって
優しさと温もりを受けます♪

自然と共に生きる
心豊かな子供たちが育っていきますように
プロフィール

建築士mizuno

Author:建築士mizuno
子供達の成長していく姿と
広島カープの応援が楽しみ♪

自然素材である‘木’の魅力に憑かれ、
特に‘杉’の木が持つ温かさ・柔らかさ・優しさを
多くの人達に発信できたらいいと思ってます!


愛媛県西予市、奥伊予城川在住
一級建築士・一級建築施工管理技士・防災士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる